子どもの病気で仕事を休むときって、職場の人に気を使いますよね。自分の代わりにほかの人が出勤になったりするので、悪いなぁと思うし。子供に罪はないんですけど、パートしているとつらいですよね。

お互いさまとはいうけれど

これからの季節、インフルエンザだけではなく溶連菌とかノロウイルスとか、ウイルスが原因で子どもたちがいろいろな病気を持ち帰ってきますよね。

幼稚園や保育園に行っている以上、こればかりは避けられない。
まったく病気にかからないのも心配だけど、小さいうちは夜中の熱で救急に走ったり、ひと月に何回も小児科に通ったり、ママにとっては試練の時期でもあります。

 

でも、病気の子どものお世話もきついけど、いちばんきついのは職場の人に対する精神的なストレスではないでしょうか?

 

パート先でも、職場の人の子どもが病気になって、シフトでは休みになっているけど、代役で出勤になったり、逆にわが子が具合悪くなって、誰かに出てもらったり・・・

お互いさまとは言われるけれど、こちらが仕事を休む場合は、気を使いますよね。

休んだ分、お給料も減りますしね・・・

 

うちワークなら、職場への気遣いはゼロ

在宅で仕事をしているアフィリエイターにとっても、子どもの病気で作業ができないというのは収入にも関わってくる問題ですからね。

でも、職場に気を使わないでいいので、子どもの看病に集中できます。

「せっかく仕事がノッテきて調子よかったのに・・・ブツブツ」というときはあるんですけど、最近は手際が良くなってきて、早め早めに仕込みの作業をしたりして、調整ができるようになりました。

 

こういうことができるのも、1年目2年目・・・ずっと作業してきての実績があるからですね。

1年目に1ヶ月かかっていた作業も、2年目には2~3週間でできるようになりますし、前年この季節に売れた商品のデータ(キーワード)があるので、そのキーワードを使って、横展開のサイトを作ったりすると、前年はまったくの手探りだったのが、今年はターゲットにマッチするサイトができるのでストレートに検索者に届くようなサイトが作れますしね。

ブログ初めて「売れない」「売れない」とブツブツ言っている人も、めげずに続ければ、来年はちょっとは楽になります。季節は毎年めぐってきますから、今年の仕込みは来年のための種まきです。

今年の収穫は少なくても、来年は大きく花開きますように・・・