「アフィリエイト初心者」という言葉が気になっているはるにれです。「アフィリ初心者」早く卒業しませんか?


初心者といえるのは、いつまで?

ときどき「アフィリエイト初心者です」と書かれたメールをいただくことがあります。

「アフィリエイト始めたばかりです」なら、アフィリエイト歴が短いんだなぁ~とわかります。

 

が、中には「数年前からアフィリエイト始めた初心者アフィリエイターです」という方もいます。

多分、「稼げてないよ」ということかな、と思うんですが、稼げていないにしても、初心者という言葉に無理があるかなぁと。

 

気持ちはわかるんです。

 

はるにれも、5年くらい「初心者」語っていた時期があります(爆)

 

でも、初心者という言葉を使っている限り、ハッキリ言って稼げません。

「ノウハウを知らない」
とか
「技術的に未熟だ」
とか、

リアル初心者さんには、ありがちな話です。

 

が、「初心者」という言葉を隠れ蓑にして、うまくいってないことを見直さない、反省しないことが問題なのです。

 

質問して「こんなこともできないのか」と怒られたくないとか、自信がないと無意識に自分を守ろうとしてしまうのかもしれません。

 

でも、いつまでも初心者ではいたくないですよね。

 

 

アフィリ初心者さんから、商品買いたいですか?

「初心者です」と思わず名乗ってしまうあなたに質問です。
商品や教材を買うとき、どんな人から買いたいですか?

 

初心者さんから買いますか?
多分、あなたは買わないと思います。
「この人、大丈夫かなぁ・・・」と思って、他の人から買うのでは?

 

稼げるためには「初心者」という意識を外さないといけません。
日本人は無意識に自分を低めてしまう癖があります。
尊敬語とか謙譲語とか、相手を敬うためにへりくだった言い回しをすることを学校で習うからです。

 

でも、ネットの世界では違います。

遠回しな言い方では、文字通り取られてしまって「初心者」というレッテルを貼られてしまうと、相手に信用されません。

逆に自分を大きく見せようとして、ハッタリをかましても、信用を失います。

 

じゃぁ、どうしたらいいの?

 

思い出してみましょう

あなたが、今までやってきたこと、ひとつずつ思い出してみましょう。

最初のころは、アフィリエイトという言葉さえも知らなかったはずです。

それが、アフィリエイトに出会い、チャレンジしようと思ったこと。

ブログを開設したり、銀行口座を開設したり、先輩アフィリエイターさんにメールを書いたかもしれません。

そういったひとつひとつが、あなたの進歩なのです。

進みが人より遅くても、確実に前に進んでいます。

だから、気持ちは初心者かもしれないけど、もう初心者ではないのです。

「私には無理~(>_<)」と思ってしまうことをメンタルブロックといいます。

この、メンタルブロックを乗り越えなければ、成功の道は見えてきません。

私の経験では、初心者歴が長いほど、メンタルブロックを外すのに時間がかかります。

なので、アフィリエイトで稼ぎたい!という最初の熱い気持ちのうちに、突っ走ってほしいです。

がむしゃらに作業をやった人が成功するのは、モチベーションが高いうちにメンタルブロックを越えられるからではないかと思っています。

家のことや子どもの面倒を見ないといけない主婦アフィリエイターにとっては、やりたいときに一気に作業できないジレンマがありますが、コツコツ続けることで、きっと結果が見えてきます。

だから、初心者だから…という甘えた気持ちは封印して、少しでも進みましょうね。