動画作るのって、難しそうですよね。実をいうと、私も苦手だったのです。

動画作成の苦い思い出が・・・

はるにれは、ちょっと前までかなりのノウハウコレクターだったので、動画使った教材も買ったことがあります。

動画をブログに貼ることで、滞在時間を延ばしましょうという教材です。
そのときは、BBFlashbackという無料ソフトを使って、パソコン画面と音声を録画しなさいと習いました。

 

で、やってみたんですが、なかなか難しい。

何が難しいかというと、「一発録り」なんですね。

はるにれは、おしゃべりが苦手なタイプなので「あのー」とか「えーっと」がすごく多い。それでも気にしなければいいんですが、難しい説明になると、噛んじゃうんです。
噛んじゃったら、やっぱり録り直さないといけないですよね。

こんな感じで、録画にチャレンジしたものの、ヘトヘトになってしまい、その教材はお蔵入りになってしまいました。

 

だから、「動画は苦手」という先入観があるんですよね。

 

あるアフィリエイターさんの動画のおかげで「動画=楽しい!」に

その後、動画といえば、セミナーや教材で講師の先生が話している画面を「眠たい目をこすりながら見る」という、受け身な存在が続きました。

 

そして、半年前にあるアフィリエイターさんに出会い、それが情報配信をはじめるきっかけになりました。

同時に「動画作成にもういちどチャレンジしたい!」という気持ちが芽生えてきたんです。

 

よくよく考えたら、はるにれは元SEで元パソコンインストラクター。

ソフトの使い方には困らないのに、口下手だったのが災いして動画嫌いになってしまったのです。

スライドなどを駆使して、口下手な部分をカバーできれば、「読者さんにもっと役立つことを伝えることができる!」と、思ったんです。

 

ちょうど、動画編集のモニター募集をしていたので、参加してみました。

そうしたら、今までできなかった部分がつながって、「なぁんだ!」という感じでした^^

 

問題のトークの部分ですが・・・

話さなければならないところは逃れられません。

でも、編集という作業でなんとか切り抜けられることがわかって、ほっとしました。

これで、何度間違っても怖くない!

 

BGM入れたりと、ごまかし技を勉強できたので、少し「動画編集」というもののハードルが下がったはるにれです。