昨日の天気は最悪でした。突然バケツひっくり返したような大雨。雷もなっていて、慌てて洗濯物を取り込みました。

 

このマンションに引越してから、部屋干しどうしようかと思ってて、

グーグルの検索窓に「部屋干し」の「部屋干」まで入力したら、↓こんなふうにダダーッと言葉がでてきたんですね。

 

suggest1
 

私は部屋干しするスタンドを探そうと思っていたんですけど、洗剤のこととか除湿器、乾燥機、コツなんかもでてますよね?

 

こういう
「あなたの考えているのはこれですかぁ?」
みたいなキーワードを表示してくれる機能をサジェスト機能っていいます。

 

グーグル検索窓のgoogleサジェストが有名ですけど、Word打ってて勝手に次の言葉が入るから邪魔だなとか、そういう経験ありませんか?
予測機能は昔からあったらしいんですけど、最近になって、予測表示ってすごいなぁと思ってます。

 

サジェスト機能のような予測表示機能って、私最近アフィリエイトで活用させてもらってます
ちょっぴりご紹介しますね。

予測表示してくれるサジェスト機能って?

「部屋干」まで入力したら

 

部屋干し コツ
部屋干し トップ
部屋干し 洗剤
部屋干し エアコン
部屋干し 除湿器
部屋干し 乾燥機
部屋干し 物干し

 

という具合に、サジェスト機能は、
「あなたの頭のなか、”部屋干”の次はこのなかのどれでしょう?」
みたいな謎かけしてくれてる感じがします。

 

この中に入っている場合もあるし、
「いや、部屋干ししたらカビ生えるのがいやだから」
と思って

 

「部屋干し k」と入力すると
こんな感じで「あなたの頭の中は・・・」と出てきます。

 

suggest2
けっこうしつこい^^;

 

サジェスト機能で表示されるキーワードってどこから来るの?

ヤフーやグーグルのサジェスト機能で表示されるキーワードは、たくさんのユーザーに参照されているキーワードと言われています。

 

検索する人が入力する可能性の高いキーワードを先回りして表示してくれているのです。

 

いろんな人がある程度の回数検索しているキーワードをピックアップして表示しているので、ブログやサイトでアフィリエイトをするときに、キーワードの参考にしています。

 

サジェスト機能の活用法

最近の物販アフィリエイトでは、単純に商品名を羅列するだけでは、ダメだと言われています。

 

ちょっと前までは
「商品名+口コミ」 とか
「商品名+最安値」 などで
記事を書きましょう・・・

みたいな感じで教材にも書かれていたのですが、マニュアル通り「商品名+口コミ」で作ったブログがあまりにも多いため、出遅れるとなかなか検索上位に出てきてくれません。

 

なので、商品を購入したい人の悩みとか背景なども記事に盛り込むことにしています。

 

その時に役に立つのがサジェスト機能です。

 

例えば、女子高校生向けのニキビの商品を扱うとします。
私はニキビはほとんどできません。
高校生の娘もいませんし、ニキビに悩んでいる女子高校生の気持ちがわかりません。

 

そういうときに、検索窓に頭に浮かんだキーワードを打ち込んでいくわけです。

 

サジェスト機能で予測キーワードが表示されれば、それなりに検索需要があるということ、そういう風に判断して、記事に取り入れています。

 

当たっていれば売れるだろうし、外れていれば売れません。

 

でも、まったくの手探りで書くよりは、リアルな記事が書けるような気がします。

 

もし、キーワードで悩んでいるときは活用してみてください^^