私は化粧品を購入するとき、「どんな人が使っているのか」「使った感じはどうなのか」ネットで調べることがよくあります。実際に使っている人と自分の肌状態を照らし合わせて、自分でも大丈夫かどうか、リサーチするわけです。

ネットビジネスをするようになって、最初のころは特典につられて教材を購入したりもしていましたが、最近では「ブログを読んでファンになった人」からの購入が多いです。

 

私と境遇が似ている人だったり、同じ年代の主婦でアフィリエイトを頑張っている人だったり・・・

  • 私もそうあやかりたいと憧れの人
  • 応援したいと思う人
から購入することが多い気がします。

 

ブログを通して人物像が想像できちゃう人って、リアルに会ったことないのに親近感が沸いてきたりしませんか?

 

今回はブランディングについて考えてみたいと思います。
参考になれば、幸いです。

 

リアルな私(笑)

私は、背が低くてちょっとぽっちゃりめのどこにでもいる普通の主婦です。
数年前にスマホを買おうとしたら、電気屋さんに本気で止められたくらい、「機械が苦手で、不器用な人」と見られているみたい(笑)

 

パソコン売り場でパソコン見てたら、やたらと高い商品を売りつけられそうになるんですね。なので「こういうスペックでこういうことをしたいんですよね」とマニアックな話をすると、びっくりされます。

 

そんなに「できない人」に見られてるなんて・・・(苦笑)

 

でも最近、とある縁で相談員をさせてもらう機会があって、悩んでいるママさんたちから
「とても相談しやすかった」
「ためになった」
と、評判がよかったらしいんです。

 

これが美人で隙のない完璧な人だったらどうだったんだろう・・・

 

そこらへんにいる隙だらけのおばちゃんだったので、話やすかったのかもしれないですね 爆

 

で、2回目3回目と相談会の予定が入ってしまいました^^;

 

とまあ、これはリアルな私の笑い話ですけど、リアルの世界では見た目もブランディングの一つかもしれないですね。

 

 

ネットの世界のブランディング

ネットの世界は、リアルな世界とは違って発信人の顔が見えませんから、「このブログの中の人はどんな人?」って読者は興味を持つと思います。
一時期、ゆるきゃらの「中の人」がネットで話題になってましたけど、おもしろい記事を書けば書くほど中の人のことが気になりますよね?

 

でも、見えないからこそ、ブログを設計するときに中の人のブランディングも考えておいた方がいいです。

 

キャラ設定みたいなもんですかねぇ・・・

 

ときどき、ブログを書いているうちにキャラがずれてきている人いたりするので、そこは気を付けないとですね。

 

——————————————————–

「日々の家計がカツカツで節約頑張っている人」

  だったのに、いつの間にか・・・

「毎日ママ友と豪華なランチに行ってセレブ気分」

になっちゃうと、「あれ~?」という感じですよね。

その間、頑張って稼げて・・・というストーリーがあればいいんですよ。
だけど貧乏とセレブが交互にでてくると、おかしいでしょ。

——————————————————–

そういう私も、今まではキャラがブレまくりでした。
沢山ブログを量産すると、なおさらどれがどれだかわからなくなるんですよね^^;

なので、紙に書いて壁に貼ってます

ちなみにこのブログはリアルな私を書いていますので、キャラ設定なしです。

稼げてないときは「稼げてない」と正直に書こうと思っていますし、タイトルしか知らない教材は売りません。

実際に私が実践してよかったものだけを紹介するつもりです。
読者さんと同じ目線に立って記事を書いていこうと思います。

でも、どんなイメージで読者さんに映っているんだろう・・・・
不安です。

 

フェイスブックやツイッターなどの話

アフィリエイターさんの中にはツイッターやフェイスブックと連携している方が多いですよね。
余談ですがツイッターってSNSじゃないんですね。

ツイッターは情報発信ツールであって、FacebookやLINEのようなコミュニケーションツールではないそうです。

 

フェイスブックは実名ですし、ネットビジネスもリアルビジネスに近いようなコミュニケーションも可能になりつつあるのかもしれないです。

 

ただ、私の場合まだSNSには抵抗があります。
私の本業は主婦なので、家族がいますし、子どもはまだ学生です。
世間ではSNSがらみのトラブルも発生していますので、子どもたちが大きくなるまでは、地道な活動に集中しようと思っています。

 
でも、上手に使えば大きく稼げるツールであることは、間違いないです。

世の中の便利なツールとは、上手にお付き合いしたいですね!