子どもが小さいうちは仕事するってすごく難しい。先日もニュースで「保育園落ちた」の話題が紹介されましたが、預け先がなければ働けないし、働かないとお金がない・・・本当に悪循環ですよね。

子どもがいてもできる仕事としてアフィリエイトをおすすめする理由

我が家の子どもたちは、すっかり大きくなりましたが、子どもが小さい頃は本当に大変でした。大変すぎて、あのときどうやって時間をやりくりしていたのか、思い出せないくらいです。記憶も吹っ飛んでいますしね。

それでも必死で頑張ってこれたから今があります。

あなたは、今現在大変な時期にいるかもしれません。「本当は預けて仕事したかったが、待機児童になってしまった」「今は子どものそばにいてあげたいけど、お小遣いが稼げたらうれしいな」いろんな思いがあると思います。

アフィリエイトは、子どもがいてもできます。

でも、稼げるかどうかはあなた次第。

「がんばったけど、稼げなかった」というリスクもあります。でも、忙しいあなたがなんとか踏ん張って頑張った結果、紹介した商品が売れたとします。それは、ものすごい実績です。そして、周りにいる働きたいけど働けないママたちの希望の星になります。

たくさん覚えなくてはいけないことがあるのでね、簡単ではないです。

でも、これで稼げるようになったらパートにでなくていいですもん。自宅で早朝とか子供のお昼寝タイムとか、すき間時間に作業を続けることで稼げるとしたら、めちゃくちゃいいですよねー^^

 

○○する人は、おすすめできません

アフィリエイトは、主婦にはおすすめの稼ぎ方だと思っていますが、こういう人にはおすすめできません。

それは・・・

言い訳をする人です。

  • 子どもが機嫌が悪かったから
  • 今日は忙しかったから
  • 眠かったから
  • 出かけていたから

そうなんです。主婦は忙しいんです。

だからこそ、です。

「言い訳」をすると「やっていない自分」を認めることになっちゃいますよね。

「やらなくてもいいんだーっ」て脳が思っちゃうわけです。

 

普通だったら、「作業ができなかった」というのは後ろめたかったり、ダメダメだーと思ったりするでしょ。それが当たり前です。

「ダメダメだぁ(´・ω・`)」を肯定してしまう脳を育ててしまったらダメですよ。

 

でも、忙しいときはどうするか?

そういう時にはメモ帳を1冊作って、頭に思い浮かんだことを書いていくんです。

  • 冷蔵庫にトマトがある。「トマトを使ったメニューって?」
  • 雨続きで洗濯物が乾かない。「早く乾く部屋干しのコツは?」
  • 家族が何度もリクエストする作り置きおかずって?

など、ネタさえあれば時間があるときに記事を書くことができます。

 

記事書きは、スマホアプリを使って書くこともできます。

とにかく忙しくても考えたり調べたりする時間はあるはずです。

子どもの体調が悪くなったりしたらスマホで検索するでしょ。そういう「日常の行動をどう稼ぎにつなげていくか」、元々忙しいんだから、暮らしに関係ない作業を組み込むのは結構大変だし、続かないんですね。なので、普通に暮らしつつネタを集められるようになれば、忙しくても時間が限られていても稼げるようになる、そう信じています。