ハンドメイドで作品を売っていたママが、「アフィリエイトで頑張っていく」という決意のメールをいただきました。

この方は、ハンドメイドマーケットで作品を売った実績もあって「また作ってください~」とリクエストもあったそうです。

ですが、お子さんに手がかかる時期ということで商品を作る暇がなくて、在庫を抱えなくて済むアフィリエイトに魅力を感じたそうなんですね。

 

私からしたら、商品を生み出す力もあってお客さんにリクエストもいただけるなんて、「うらやましい」のひと言ですが、寝てばかりいる赤ちゃんの時期にはできた作品作りの作業も、子どもが動き回って目が離せないと腕はあっても作る時間がありません。それに創作活動って、精神的にゆとりがないといい作品は生まれません。

アフィリエイトも決して楽ではないですが、パソコン1つでできる仕事なので、頑張ってほしいです。

ミンネなどハンドメイド作品の売買ができるアプリが話題になってから、自分の作品を売りたいという主婦の方が増えてきました。

テレビなどでも主婦の副業として、作品販売が紹介されたりして、「家でもできる仕事♪」と夢いっぱいの方もいらっしゃるでしょう。

ですが、現実はそれほどやさしくないです。

作品が売れるための商品づくりや見せ方、売り方、やっぱりテクニックは必要です。

委託販売など、販売専門の方がいれば、作品作りに専念できるんでしょうけど、子どもの月齢が進んでくると製作ができないっていうのは、私も考えていませんでした。

アフィリエイトも作品販売も、「続ける」ということがポイントになります。

今できても半年後続けられるか、1年後続けられるかを考えながら仕事を選ぶ必要がありますね。