「ブログ作ったのにアクセス来ない」「全然人が来ないよ~」と嘆いているあなた。

辞めちゃうのは簡単です。でも、もう少し頑張りませんか?

アクセスが集まらないのは、原因がある

あなたのブログ、どうしてアクセスが集まらないんでしょうか?

人が集まらない=アクセスが来ない

何か、原因があるはずなのです。いくつか挙げてみますね。

 

作って間もないブログにアクセス集まらない原因は?

あなたのブログが、作って数日、数週間のブログだったら、まだアクセスは集まっていないかもしれません。

と、いうのもブログを書いたらYahoo!やGoogleなどの検索エンジンが「おっ!新しい記事だ!」と登録してくれなければ、いつまでたっても検索対象にはならないのです。

 

検索対象ってなに?

もし、あなたが知りたい情報があって手に持っているスマホで検索するとします。そのときに、何かしらの「キーワードを打ち込む」って作業をするはずです。

 

たとえば、友人とランチの約束をしていて

「○○駅 カフェ」

「○○(地名) ハンバーグ おすすめ」

など、いくつかのキーワードを入れて、目的の情報を引き出すってこと、ふつうにやってませんか?

 

検索してずらずらっとでてきた情報は、ヤフーやグーグルの検索エンジンに「登録済み」だから、でてくるのです。

もし、あなたの記事が「登録されていない」としたら?

どんなにいい情報を書きまくった渾身の作でも、登録されていなければ検索されることはありません。

 

検索エンジンに登録されているか?インデックスを確認する方法

検索エンジンに登録された=インデックスされた

といいます。

インデックス状況を調べるためには、

検索窓に「site:ブログのURL」を入れます。(すべて半角で)

たとえば、このブログだったら

site:http://uchiwork.com/

と入れます。

その結果、↓こんな感じでずらずらっとでてきたらインデックスされています。

インデックスされてたら、こんな感じになります
 

どうやったら検索エンジンに登録されるの?

毎日コツコツ記事を書いていれば、そのうちに登録されます。

えっ・・・それじゃあ答えになってないですか?

 

そしたらですね。自分で行動をしましょう。

検索エンジンに通知をするんです。

 

検索エンジンもどんどん変わっていっていますから、いつまでこの方法が通じるかはわかりませんが、現時点では、効果があるのかな、と思っている方法です。

 
ウェブマスターツールに登録する(初級編)
ウェブマスターツール

https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url?hl=ja

ウェブマスターツールに登録 URLを入れて、リクエスト送信を押します。一番簡単なやり方です。

 
その他
■ ソーシャルブックマークに登録する

■ ブログランキングに登録する

など、いろいろ方法があります。

 

記事数が少ないブログ

立ち上げて間もないブログの場合は、インデックスされていないこと原因でアクセス来てない場合が多いです。

でも、インデックスよりもなによりも、多分こっちのほうが重要です。

今後あなたのブログが大きく稼げるかどうかに関わることなので。

 

何記事かいてますか?

あなたのブログに入っている記事が数記事だったら、

「ああ、それは仕方ないかも」

って私だったら言っちゃいます。

 

やっぱり更新しているブログの方がグーグルなどの評価は高いです。

 

評価される



検索順位がアップする



人目に付きやすくなる(クリックされやすくなる)

こんな感じなので。

 

でも、例外はあります。

物販アフィリエイトなどは、ニッチなキーワードでブログを立ち上げるので、そういうときには数記事しか書いていなくても、検索エンジンに上位表示して、もしライバルがいなければ売れたりします。

 

だけど、このブログのように情報を配信している場合は、記事が必要ですし、記事数も大事だけど「どれだけ読者さんの役に立つ記事を書いたか」というのがすごく大事です。

 

一歩踏み込んだ記事を書く

「アクセスアップするためには○○こういう方法がありますよ~」だけで終わらせちゃうと、「へぇ~、そういう裏ワザがあるのかぁ」と、賢いアフィリエイターさんはヒントだけいただいて、自分で検索しちゃいます。

そして、見つけた裏ワザの詳しい操作方法をブログに書きます。

そうすると、読者さんは1記事で裏ワザの登録方法が書いてあるブログの方が役に立つわけですから、「○○というやり方」の紹介(やり方名しか載せてない)をしているブログを踏み台にして、自分のブログに読者さんを引き入れてしまいます。

役に立つブログは「信用」に繋がります。将来、教材を買う場合は「この人から買おう♪」に繋がりやすいです。

出し惜しみではなく、面倒くさい作業も自分で試してみることで、読者さんに発信することができるので、ぜひライバルよりも一歩踏み込んだ記事を書いてみてください。