だれに向けて記事書いてますか?

物販アフィリエイトをしていて心掛けているのは、「誰に向けて書くか」「この人の悩みは何か」ということです。




販売ページには「”あの”悩みにも”この”悩みにも効果あります」と盛り沢山のことが書いてあります。


ですが、自分が紹介するブログに同じようなことを書いても全然売れませんでした。


他にも成分などをダーッと並べたり、成分の効能を調べて解説したり、いろいろ迷走?していた時期があったのですが、そんな情報、いらなかったみたい。


売れたブログを見てみると、力の入ってない自然な感じの記事でした。やる気がないという意味じゃないですよ。「売り込もう」という気合いが(本当は気合い入れてるけど)あまり表に出てないということです。


そしてこれは私の想像ですが、その記事の書かれている内容が「そうそう、あるある」と、感じてもらったときの方が成約につながっているような気がします。


だって、商品説明なんて、販売ページでプロの人がバッチリ説明しているでしょ。
私みたいな人がつたない説明しなくてもいいよね。と、割りきったら「じゃあ、何を書いたらいいんだろう」ってわからなくなってしまって・・・


それで行き着いたのが、悩んでいる人になりきって、悩みを代弁しようと思って。


なりきると言うことは、「Aさん(仮名)」と言う人になるってことだから、たった一人に向かって書くことになります。


よく、話のとちゅうでBさんとかCさんとか見え隠れしているブログを見かけるんですけど、話しかける対象は一人にしぼって書いています。


こんな感じで、たった一人を想定することを「ペルソナ」って言うんですって!


一人に対して書いていくと、その他大勢の人に響かないんじゃないかと思っていたんですが、たったひとりの人に響かない文章は、誰一人届かないんですよね。
ぽつぽつ売れてるってことは「私も」「私も」と思っている人がいるってことかな。


ペルソナとキーワードってアフィリエイターにとっては『企業秘密』の部分です。
この企業秘密を期間限定で学べる無料講座の申し込みは↓こちらです。

>>> 【終了しました!】隠密キーワード発掘講座


【追伸】

このブログの感想や聞きたいこと、「ちょっとメールしてみよっかなー」でもなんでもいいですので、お気軽にお問合せください。

24時間以内にお返事させていただきます。

また、「こういうことを教えてほしい」などブログのネタも絶賛募集中です!

↓ ↓ ↓

はるにれにメールを送ってみる

2 Responses to “だれに向けて記事書いてますか?”

  1. ゆき より:

    はるにれさん、こんにちは^^

    先日は私のブログへのご訪問、
    コメントを頂きましてありがとうございました。

    ブログ記事を書くときに
    必ず意識しないといけないのが
    「ターゲット」ですよね。

    自分が誰に向かってその記事を書いているのか。
    誰に向かって書きたいのか。

    これを意識する事はかなり重要だと思います^^

    たった1人を想定する事をペルソナというのは
    初めて知りました!勉強になりました♪
    ありがとうございます。

    特に記事を書くときに「特定の誰か1人」を
    意識して書くと良いと言われますね(*´▽`*)

    だから、商品を紹介するときは
    「悩んでいるAさんになりきる」というのは
    とっても良いですね^^

    誰に向かって書いているのか・・・
    常に意識して忘れずにやっていきたいと
    改めて認識できました!
    ありがとうございました。

    応援して帰りますね♪

    • はるにれ より:

      ゆきさん、コメントありがとうございます。
      日々、たくさん記事を書いていると
      集中力が散漫になって
      「あれっ、なんだっけ?」
      ということがよくあります^^;
      ペルソナを意識するようになってから
      記事が書きやすくなりましたよ!
      ゆきさんのブログ、すごく素敵ですね。
      また遊びに行きますね!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

abatamini

はるにれです。中学生と高校生の2人の息子を持つ専業主婦です。ネットビジネスでお小遣いを稼いでいます。

詳しいプロフィールは==>こちら

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。

コチラをぽちっと押していただけたらやる気と勇気が湧いてきます!
     ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
にほんブログ村



みなさんのおかげで1位になりました。
ありがとうございます。



このページの先頭へ