物販でも情報配信でも言えることですが、とある「キーワード」で検索されて、目立つ位置に自分の記事があれば、クリックして読んでもらうことができます。

なので、キーワードはすごく大事です。

検索者の意図とドンピシャのキーワードで記事を書けば、興味をもってもらえますしね。

ただ、それだけではダメなんです。読んでもらうだけでなく、「申込み」「購入」など、次の行動に移ってもらえるように、何が必要なのか、考えてみたいと思います。

直帰率を減らすために

あなたのブログ、アクセスは来ていますか?アクセス解析をじっくり見てみると、ひとりあたりの参照ページ数や直帰率がわかります。

直帰率が高いということは、あなたのブログはお客様の要望に答えられなかったということになります。

反対にひとり当たりの参照ページ数が多いと、最初のページの他にもブログの記事に興味があって巡回してくれたことがわかります。

今のGoogleは、ユーザーの役に立つブログを評価するようになってきているので、ブログ内を巡回しているということは、評価のポイントとしては高いです。

ただ、初心者さんには有益な情報だとしても、稼いでいるアフィリエイターには、すでに知っている情報だということもあり得ます。

どんな人にも「役に立った~♪」と思ってもらうためには、ある程度ターゲットを絞りこんだ方がいいです。

初心者向けなら初心者が悩みそうなことをネタにする。画像関係だったら、ブログのカスタマイズ関係だったら…のように、テーマを決めることによって、ブログを読みに来る客層を絞り込むことができます。

そうやってブログを育てていくと、直帰率は減り、巡回してくれるブログになるはずです。

タイトルと本文の関係~質問に対する答えになってますか?

私も急いで記事を書いてアップしたときに「しまった!」と思うことがよくあります。

タイトルと本文、ちぐはぐなんです。

「美味しいパンケーキの焼き方」というタイトルなのに、内容が唐揚げの作り方だと、がっかりですよね。

このような極端なことはないにしても、ビミョーに最初と最後のつじつまが合わなくなってる…そういうこと、ありませんか?

後で気づけばまだいいですが、多くの人は気づいてなかったりします。

これも離脱の原因のひとつです。

もう一歩踏み込んだ内容に

誰でも知ってることを記事にしても、「ふ~ん」で終わってしまいます。

「こういう便利なアプリがあるんですよ
」という内容だったら、具体的な使用例を見せるとか。

AとBで迷っていたら、それぞれのメリットやデメリット、選ぶ基準を示すとか。

読んだ人が「役に立った」と満足する内容の記事を書くことが、みんなに愛されるブログへの第一歩だと思っています。