私はいままで、現役物販アフィリエイターとして情報教材を購入したり、アフィリエイト塾に入塾して、物販アフィリエイトを実践してきました。

みりんさんとのご縁があり、情報配信も並行して始めました。

情報配信と物販アフィリエイト、やってみて全然違うなと感じています。どこが違うのか、そのあたりを感じるままに書いてみたいと思います。

情報配信と物販アフィリエイト

アフィリエイトには、大きく分けて「情報配信」と「物販アフィリエイト(アドセンス含む)」があります。

何が違うかと言えば、相手にしている顧客層が違います。

 

物販アフィリエイト

物販アフィリエイトは、
  1. ブログに記事書いてアフィリエイトリンク貼る
  2. 商品が欲しい人、調べ物をしている人がパソコンやスマホで検索して記事にたどり着く
  3. 記事を読んでいるうちに「いいな♪」と思う
  4. 購入
  5. アフィリエイターにアフィリエイト報酬が入る
こんな感じ。

マーカー部分が、購入者の行動ですね。

同業者(ライバル)は、たくさんいますが、ブログの向こうにいる一般の人が「欲しい!」と思えば購入してくれるので、読者さんの心に刺さる記事が書ければ、報酬に繋がります。

アドセンスも同様にスマホやパソコンで知りたいことを検索してきた一般の人が、記事を読みながら気になる広告をクリックしたとき(4のとき)に報酬が発生します。

 

情報配信

情報配信は、
  1. ブログ記事を書く
  2. 記事を読んでくれた読者さんからのアクションがくる
    記事を読んでくれた読者さんがメルマガ登録してくれる
    読者さんからのお問い合わせがある
  3. アクションしてくれた読者さんに対しての作業
    ・登録してくれた読者さんにメルマガ記事を書く
    ・読者さんとやり取りをする
  4. メルマガややり取りを通して読者さんの心に変化
  5. 読者さんとやり取りする中で、教材や商品を紹介して購入につながる
こんな感じかな?

コチラも購入者の行動をマーカー表示しています。

 

情報配信の読者さん(お客様)の中には、
  • これからアフィリエイトをはじめようとしている初心者さん
  • ほかにいい情報がないか探している現役アフィリエイター
  • ライバルアフィリエイター
などがいます。

 

読者の質が違うってことに気が付きましたか?

物販の読者さんの多くは一般の人です。

それに対して、情報配信の読者さんは、ちょっとばかりはアフィリエイトの知識がある人です。と、いうことは、誰もが知っているような情報を流していても、「あなたから購入したい♪」という気持ちにならない、読者の心をわしづかみにすることはできないということです。

 

商品1本売るまでの距離

商品を紹介する物販アフィリエイトでは、商品を紹介するという「物販アフィリエイト」を実践しています。なので、「どうやったら購入者さんの心に刺さる文章が書けるか」とか「どんな商品を紹介したらいいのか」など悩みながらスキルを磨いていきます。

その中で、やみくもに記事を書いても購入につながらないことを知ります。試行錯誤をすることによって、「情報を知りたいだけの人向けの記事」「すぐにでも欲しい人向けの記事」など、購入に至る距離感がつかめてきます。

距離感がつかめたら、ブログを作るスピードも速くなるし、稼ぐ速度も加速していくことになります。

 

普通の一般の人をターゲットにしても、こんな感じなので、情報配信をする場合はどうなるのか、想像してみてくださいね。

情報配信をする場合は、スキルもあり、経験もある人をターゲットにするので、相当なスキルやインプットが必要です。とはいえ、工夫次第で、何とかなるんですけどねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ