ブログを書き始めると、気になり始めるのが「アクセス数」です。先日サーチコンソールの紹介をして「アクセス来てなくてショック~」という読者さんがいたので、アクセスアップと集客についてザックリ解説したいと思います。

アクセス経路はSEOだけじゃない!

私は物販アフィリエイト出身なので、集客の基本はSEOです。つまり検索窓にキーワードを打ち込んだ人がブログを訪問するように導線を作っているところです。

でも集客はSEOではない!という人もいます。SEO以外にもアクセスが流れてくる経路があるってことなんですけど、わかりますか?
  • ツイッター、フェイスブックなどのSNS
  • メルマガ
  • リスティング広告
  • ブログの外部リンク
  • 動画サイト
  • ランキングサイト
などがあります。

たまたま流れてきた~ではなく、本当は

「こういうアフィリエイトをするので、ここからの流入を視野に入れて・・・」

みたいな設計をするべき、なんでしょうけど、アフィリエイト業界は日々変わってきているので、新しい流れがあれば、それに乗らない手はないです。新しい情報をいち早くゲットできるように、情報をキャッチする眼は養っておきましょうね♪

 

どんな集客経路を攻めるかは、ターゲットと商品によって変わる

はるにれがSEOやキーワードにこだわるのは、私自身がスマホやパソコンでいろんなキーワードを打ち込んでたどり着いたのが「アフィリエイト」だったからです。

はるにれのように「仕事をしたいけれど小さい子どもがいてパートができない」とか「在宅で仕事したい」とか、何か自分にできることはないかと探しているママたちに届くように記事を書いているので、キーワードを意識してSEO対策をすることが必要なんですね。

 

それに対して、情報配信は役に立つ情報を配信してファンになってもらうところから始まります。ランキング応援したりコメント周りをしているんですが、毎日のように遊びに来てくれるアフィリエイターさんもいたりして、会ったこともないのに親しみを感じるんですね。

情報配信は、コミュニケーションや横のつながりをすごく感じます。SEOではなく、別の集客方法がいいのかもしれません。

どれが正解というのはないけれど、あなたが狙っているお客さん(ターゲット)がどこにいるかで集客方法が違ってくると思うんです。

なので、サーチコンソールにアクセス来てなくても、全体のアクセス数があれば、それほど悲しむこともないかもしれません。

ただ、アクセスしているのが自分ばっかりだったり、購入に繋がらないお客さんだったりする場合もあるので、検証しながら修正していくのは大事なことです。

 

サーチコンソールに期待していること

現在、アクセス解析でアクセスキーワードが取得できなくなっています。
  • どんなキーワードを入力したら自分のサイトが表示されるのか
  • どんなキーワードで自分のブログがクリックされるのか
がわかるのは、サーチコンソールなのかなぁと思っています。

なのでサーチコンソールを暇さえあれば眺めているわけですが、クリックされていなくても表示されているってことは、記事にそのキーワードを追加したり、表示キーワードでもう1記事書いたりすればアクセスが流れる可能性があるってこと。

「クリックされてない」と嘆くんじゃなくて、サーチコンソールの本当の意味は「このキーワードで書いたらアクセスくるかも♪」というおいしいキーワードを見極めるためなのではないかなぁ・・・というのが、はるにれの解釈です。

いろんな解釈があると思うんですけど、はるにれはポジティブに考える派なので^^