夏休みも残すところあと10日です。


お盆明けくらいから、長男と一緒に高校のオープンスクールに出かけています。


今どきの高校は、オープンスクールなんてするんですね。




学費のことを気にせず本人がやりたいことをさせたい

オープンスクールや進路相談会で、公立、私立の高校の先生とお話しする機会があって、いろいろ聞いてみました。


実は長男、最近病院の検査で異常が見つかって、最低3ヶ月ちょっと遠い大学病院に通院しなければいけないという事情がでてきたんですね。



中学校までは義務教育ですから、理由がある欠席や早退は認めてもらえますが、高校はそうもいきません。


とりあえず半日顔を出せば、出席日数はクリアするだろうと言われましたが、問題は欠席する科目(欠課)についてです。


欠課時数は学校によって違うみたいですが、規定に足りなければ留年になるとのこと。
公立はシビアでしたね (´;ω;`)


私立は、理由があるなら課題をこなすとか夏休みに課外を受けるとか、学校によっては救済策を考えてくれるということでした。


そうなると、私立高校の方が柔軟に対応してくれそうな気がします。


中学での成績はあまりよくないんですけど、最近になって大学で勉強したいようなことも、ちらほら話題に出てきていて、本人がやりたいようにやらせたいな、と思っています。


そうなると気になってくるのが学費ですね。
公立と私立では、学費に差がありますからね。


でも、お金ないから行きたいところにいけなかった、とか可哀想じゃないですか。
できるだけ、希望はかなえてあげたいなと思っています。


夫婦の金銭感覚の違い

主人が子供のころは、兄弟が多く、あまり裕福とは言えない暮らしだったそうです。


高校・大学と奨学金のお世話になったと聞いています。


結婚した時も、奨学金を毎月少しずつ返済していて、ほかにも車のローンやカードローンの返済など、金額は大きくないにしても、毎月借金の返済をするという状況に面食らってしまいました。


私の方はというと、裕福ではないものの、勉強や習い事は「やりたい」といえばやらせてもらえる環境でした。


奨学金のお世話になることなく、社会に出たんですが、
「借金はしない」
「買いたいものがあったらお金をためて買う」
というのが、両親の口癖でした。


奨学金が返済できなくて自己破産する時代に!?

私たちが学生だった時代から30年近くたった今では、奨学金を借りても返済できず、自己破産する人もいると言われます。


社会に出ても、仕事が長続きしない人も多いようですね。


奨学金は、はっきりいって「借金」ですから、できる限り学費は貯めて学校に行かせてあげたいと思っています。


もちろん、ご家庭の事情で奨学金に頼らざるを得ない方もいらっしゃると思いますので、考え方はさまざまですけど、私の場合は、アフィリエイトで学費を稼ごうと思っています。


アフィリエイトで学費を稼ぐためには

アフィリエイトは、ブログを作ったからといってすぐに報酬が入るわけではありません。
長く稼ぐためには、しっかりと戦略を練って構築していかなければいけないんですね。


我が家は、主人があと3年くらいで早期退職しなければいけないというリスクも抱えています。


ちょうど長男の大学受験あたりの時期にかかります。
それまでにアフィリエイトの仕組みを作って、コンスタントに稼げるようにしたいと思っています。