今日はずっと本の整理をしていました。整理しながら、私のアフィリエイトの原点は本の紹介から始まったということを思い出しました。

始まりは1冊の本から

ずいぶん前の話ですが、当時の私は子育てで悩んでいる時期がありました。子育てに関する本を片っ端から図書館で借りたり、本を買ったりしていました。

そして、ブログに本の感想を書いて、Amazonのリンクを貼っていたら、驚くほど本が売れました(^_^)

Amazonなのでね、どんだけ本を売っても報酬はちょっぴりなんですけど、ある本だけはビックリするほど売れましたねぇ…

Amazonじゃなかったら、特単申請したいくらい(笑)

 

相談員もしてます

今は子育てに関する相談員として、ときどき派遣されてお母さんたちの相談に乗ったりしています。

だいたい悩めるお方さんたちは、精神的にドン底に近い状態にいる人が多いです。

そういうときに、専門家っぽく難しい言葉を並べても、彼女たちには響かないんです。

 

心底困っている人に響くように伝える

だから、できるだけ日常生活で使えるような、ちょっとした気付きについての提案をすることが多いです。

たったこれだけで、苦痛だった子育てがちょっぴり楽しく、気が楽になるんだそうです。

 

相手との距離感を縮めることも大切

そして、悩みに「そうそう、そうなんだよね~」と、共感すること。共感するというひと手間で、相手との距離感がグッと縮まります。

 

人に「何か」を伝えるということ

本を整理しながら、ふっと相談員の仕事とアフィリエイトが似てるんじゃないかって思って、この記事を書いています。
本を紹介しているときも、ちょっとした気付きや感動を書いていました。

あと、この本をおすすめしたい人のことを書いてました。悩みに共感したり…

今はアウトプット先がブログから人に変わりましたけど、伝える基本は変わらないです。

 

共感、感動、驚き…

ネットの向こうのひとにうまく気持ちを伝えていけたらいいなと思います。