共感、感動や驚きを伝えよう

今日はずっと本の整理をしていました。整理しながら、私のアフィリエイトの原点は本の紹介から始まったということを思い出しました。

始まりは1冊の本から

ずいぶん前の話ですが、当時の私は子育てで悩んでいる時期がありました。子育てに関する本を片っ端から図書館で借りたり、本を買ったりしていました。

そして、ブログに本の感想を書いて、Amazonのリンクを貼っていたら、驚くほど本が売れました(^_^)

Amazonなのでね、どんだけ本を売っても報酬はちょっぴりなんですけど、ある本だけはビックリするほど売れましたねぇ…

Amazonじゃなかったら、特単申請したいくらい(笑)

 

相談員もしてます

今は子育てに関する相談員として、ときどき派遣されてお母さんたちの相談に乗ったりしています。

だいたい悩めるお方さんたちは、精神的にドン底に近い状態にいる人が多いです。

そういうときに、専門家っぽく難しい言葉を並べても、彼女たちには響かないんです。

 

心底困っている人に響くように伝える

だから、できるだけ日常生活で使えるような、ちょっとした気付きについての提案をすることが多いです。

たったこれだけで、苦痛だった子育てがちょっぴり楽しく、気が楽になるんだそうです。

 

相手との距離感を縮めることも大切

そして、悩みに「そうそう、そうなんだよね~」と、共感すること。共感するというひと手間で、相手との距離感がグッと縮まります。

 

人に「何か」を伝えるということ

本を整理しながら、ふっと相談員の仕事とアフィリエイトが似てるんじゃないかって思って、この記事を書いています。
本を紹介しているときも、ちょっとした気付きや感動を書いていました。

あと、この本をおすすめしたい人のことを書いてました。悩みに共感したり…

今はアウトプット先がブログから人に変わりましたけど、伝える基本は変わらないです。

 

共感、感動、驚き…

ネットの向こうのひとにうまく気持ちを伝えていけたらいいなと思います。

【追伸】

このブログの感想や聞きたいこと、「ちょっとメールしてみよっかなー」でもなんでもいいですので、お気軽にお問合せください。

24時間以内にお返事させていただきます。

また、「こういうことを教えてほしい」などブログのネタも絶賛募集中です!

↓ ↓ ↓

はるにれにメールを送ってみる

4 Responses to “共感、感動や驚きを伝えよう”

  1. 秋山 より:

    お世話になります、秋山と申します。
    ブログランキングより流れつきました!

    「そうそう」と共感して頂ける記事は親近感がわきますよね。

    共感、感動、驚きを与える記事が書ければ読者さんに刺さり、
    アフィリエイト報酬にもつながると思います。

    そんな記事を書いていこうと改めて思いました。

    応援していきます!
    引き続きどうぞよろしくお願いいたします☆

    • はるにれ より:

      秋山さん、コメントありがとうございます。

      秋山さんのブログを訪問させていただいて
      「見やすさに気を付けて記事を書く」って
      すごく大事だなと思いました。

      個性も出しつつ、見やすさも目指して
      ブログ作りを頑張りたいと思います。

  2. ちしゃねこ より:

    こんにちは。

    たしかに、悩んでいる方に難しい言葉を並べても、
    余計に悩ませてしまいそうで、心に届きませんよね。

    そういったお仕事上での事柄と、おすすめさせていた本が、かみ合って、たくさんの方が共感して購入されたことを想像すると、人の心を掴むことが、アフィリエイトでも大切なんだなーと思いました。

    とっても勉強になりました(^^♪

    • はるにれ より:

      ちしゃねこさん、コメントありがとうございます。

      なんせ不器用なもんで
      ちゃちゃっと手際よくはできませんが

      誠意をもって伝えていけば
      時間はかかっても伝わっていくんじゃないかと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

abatamini

はるにれです。中学生と高校生の2人の息子を持つ専業主婦です。ネットビジネスでお小遣いを稼いでいます。

詳しいプロフィールは==>こちら

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。

コチラをぽちっと押していただけたらやる気と勇気が湧いてきます!
     ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
にほんブログ村



みなさんのおかげで1位になりました。
ありがとうございます。



このページの先頭へ