前回の記事で「セルフピンバック」について紹介しました。

セルフピンバックの対処法も大事なんですけど、アフィリエイターに大切なのは、こっちかな~っていっつも思ってるんですよね。

後発アフィリエイターは稼げない?

よく「アフィリエイト後発組は稼げない」「先発組よりも不利」などという言葉を聞きますが、私はそうではないと思います。

「先発組」と言われている、ひと足先にアフィリエイトを始めて成功している方たちは、手探りで今の成功を勝ち取った人たちです。その人たちが出した教材は、試行錯誤してうまくいったノウハウをまとめてあるわけですから、「私たちは道に迷わずにまっすぐに稼ぎの道を突き進める」はず、なのですが・・・

教材の内容というのは、教材を書く以前のアフィリエイト業界での成功例なので、教材を手にした時点で時間差(=タイムラグ)があるのは仕方ないことです。

グーグルのアルゴリズムがひんぱんに変動したり、SSL化が進んで流入キーワードが取得できなくなったり、いろんな世の中の状況があるので、教材そのまんまを忠実にやっただけでは、大きく稼ぐにはつながらないでしょう。

また、SEOを考えると商品そのもののキーワードなど、だれでも考えるキーワードでの真っ向勝負は、先にやったもん勝ちで、競合アフィリエイターさんの独占市場になっちゃいますので、練習と割り切る分にはいいですが、そこに時間をかけても結果は出ないです。

 

手法のトレンドは変わっても、変わらないもの

トレンドアフィリエイト、アドセンス、物販アフィリエイトなど、時代によって流行りの手法というのがあります。

ユーチューブが流行ったり、PPCが流行ったり、まとめサイトが流行ったり、いろんな流行を見てきました。

私自身、いくつかのアフィリエイト塾に入って勉強をしてみましたが、流行りだからって稼げるものではないなぁと感じました。

瞬発的に稼げるノウハウもありました。でも、とにかく1日大量にサイトを作らなければいけなかったり、自分のライフスタイルを度外視してアフィリエイトにつぎ込むってこと、主婦の立場では難しかったです。

あと、ブラックとはいかないものの「グレーっぽい手法」も後で自分にしっぺ返しがくるんじゃないかとヒヤヒヤしました。

そうではなくて、細く長くアフィリエイターとして生きていくには・・・

 

読者さんに役に立つ記事を書く

やっぱり一番大事なのは「読者に役に立つ記事」「感謝される記事」を書くってことです。

そのためには、いろいろな言葉を知っておかないといけないです。

 

で、冒頭の「セルフピンバック」という言葉に戻るんですけど、実は私、「セルフピンバック」という言葉を知らなかったんですね。

それでリサーチして「セルフピンバック」という言葉に行きついたんですが、あなたはどういうキーワードを検索窓にいれて検索しますか?

 

セルフピンバックのとは、どういう現象か・・・というと

ブログ記事を作成しているときに、過去記事を内部リンクさせようとして、リンクを貼って保存する。



コメントが届いて承認待ちになっている

どうやら自分の記事がコメントとして送られてきているらしい。どうして?

という状況です。

 

 

私の場合は

「ワードプレス 内部リンク コメント」って検索しました。そうしたら・・・


 

「BINGO♪」です^^

こんな感じで

今の状況を具体的に把握して、

何をしたらどんな現象が起きたのか

を検索窓に入力してみると

 

世の中には同じようなトラブルを解決した人がいっぱいいますから、大概の場合は、対処法が書かれています。

そしてあなた自身がトラブルを解決したら、それをブログに書いていくと、あなた自身のコンテンツになります。

それで成約が取れるか・・・というのは別問題ですけど、記事のネタにもなりますし、ブランディングもできますし、何よりトラブルを解決できた人は信用度がアップします。

 

よくわからんけど、おかしなことになった



いくつかキーワードを入れて検索してみる



現象を表す言葉を見つけた!



対処法を見つけて対処する

 

このリサーチ力こそ、先発後発関係なくアフィリエイターが生きていくのに必要な力の一つだと思っています。