あけましておめでとうございます。

平成28年も終わり、新しい年の始まりです。

年が明けると気になるのが、税金ですね~。

去年、稼いじゃった人は早めに準備をしましょうね。そういえば、主婦アフィリエイターの税金って、いくらから確定申告対象になるんでしょうか?

白色申告経験者が語る、税金の話

稼ぐのはいいんですけど、税金がねぇ・・・

実は私、結婚前に3年間ほどフリーランスのSE(システムエンジニア)をしていたんです。

それで、3回ほど確定申告(白色)を経験しました。

 

所得って何?

税金っていうのは、所得に対して課税されます。

所得=収入ではないんです。

アフィリエイトに当てはめて考えると、報酬全てが課税対象ではないということ。

 

「ん?どゆこと?」って感じですよね^^;

 

所得というのは、年収から必要経費を引いた残りの金額のことです。

会社員やパート・アルバイトの方は、年収に応じて給与所得控除額が決められていて、税金の計算まですべて勤務先がやってくれます。

自営業の方は、毎年確定申告をしているので、おわかりかと思いますが、アフィリエイターも自営業者と同じように報酬額から経費を引いた額が所得(事業所得)になります。

税金は事業所得額に応じて課税されるので、同じ報酬でも経費の額によって、税金の金額が変わってきます。

だから、経費がすごく大事なんです。

はるにれも、白色申告をしていた頃は「どれだけ経費を落とそうか」と、そればかり考えていました。

 

主婦アフィリエイターはいくらから申告しないといけないの?

実は、アフィリエイターはすべて確定申告しないといけないというわけではありません。
所得が38万円以下の人
この人は、確定申告は必要ありません。

ただ、所得が38万円以下であるという証明ができる、という条件つきです。

上に書いたように、50万円報酬があっても、12万円以上の経費を証明できれば、非課税です。

ですが、本人は計算上非課税だと知っていても、税務署は「50万の報酬が発生している」というところまでしか知らないので、後日税務署からの問い合わせがある場合があります。

そのときにきちんと説明できるように、領収書などは準備しておいた方がいいでしょう。後からごちゃごちゃ言われないために、申告に行くという手もあります^^;

がっつり稼いでいる方は、きっちり節税対策をして確定申告に臨んでいます。

 

扶養の範囲にするかどうかは夫婦で話し合って

去年までのはるにれがやっていたのは、年間40万円コース。

つまり、報酬が40万円くらいになるように仕事量を調整したってこと。これなら、確定申告しなくて済みますから。

「どんだけ面倒くさがりなんだよっ」って突っ込みが入りそうですが・・・

 

だって、所得が
  • 38万円を超えたら、納税の義務が発生するし
  • 103万円を超えたら、扶養を抜けるし
  • 130万円を超えたら、社会保険料を自分で納めなければならない
ざっくり書くとこんな感じ(ご主人のお勤め先によって条件が変わるみたい)ですが、主婦という立場上、どこまで稼ぐつもりなのかは、夫婦で話合っておく必要があります。

先輩アフィリエイターさんの記事を見ていると、扶養を抜ける/抜けないのあたりからは、会社とのからみもでてくるらしくて。「いちど扶養を抜けたら、かんたんには戻れないらしい(くりかのこさんのブログより)」とか気になる記事がたくさんあります。

報酬って、直線で右肩上がりに上がるんじゃなくて、ずっと横ばいで突然ぐいーんと来ます。なので、自分で売り上げをコントロールできないんです。毎月コンスタントに売れ続ければいいんですが、どーんと売り上げが落ち込むときもあります。そういうときに、扶養に戻してもらおうとおもっても、簡単ではないってことです。

私の場合、白色申告の経験があったので、売れそうと思ったら、ブログを作る(アウトプット)ペースを落として、インプットの割合を増やしたり(アフィリ塾に入塾したり、新しい教材を試したり)していました。

よく考えたら、すごくもったいないことしてます。

そのまま突っ走ればよかったのに・・・

 

でもね、中途半端がいちばんいけないんです。

だから、アフィリエイトで稼ぐ!と決めたら、
  • どのくらいの収入が欲しいのか
  • 扶養を抜けてもいいのか など
しっかり考えてからやってくださいね。