在宅ワークするには夫や家族の理解も必要

主婦がアフィリエイトや在宅ワークを成功させるには、家族の理解・・・特にダンナさんの理解が必要かも。



協力的なダンナさんも出てきたけど、家事や育児をするのは女性の仕事

九州男児というのは、「男子厨房に入らず」みたいな、古き良き昭和の男子のイメージがあったんですが、九州男児も最近は家事を手伝ったり、育児に協力的なダンナさんが増えてきているそう。

 

家の仕事が1番大事

でも、残念なことに我が家はまだ、九州男児世代なので、

「家のことができてからのぉー 仕事」という位置づけ。

なので、「稼いだ」ことより前に、「家が片付いていない」「ご飯作ってない」を責められます。

ここを変えようと戦ったとしても、生まれ育った環境がそうだったんだから、いきなり変わるのは難しい。

 

ワンオペ主婦

今朝の「あさイチ」で、働く主婦のモヤモヤが取り上げられていましたが、その中で出てきた「ワンオペ」という言葉が気になりました。

本来は、ブラックバイト先などで1人のバイトに一連の作業を一人でさせる「ワンオペレーション」の略なんだそうです。

番組では「ワンオペ育児」などと使われていましたねぇ・・・

私もそうだけど、家事・育児をひとりでやってしまう主婦は、「ワンオペ主婦」ってこと?

 

家のことも完璧にしてから仕事もするという風潮は、いまだに残っていると思う

女性が肉食系、男性が草食系と言われるようになったけれど、それは若い世代の話。若い世代の人たちがアフィリエイトをすると、私たちとはまた違うワークスタイルになるかもしれません。

 

私のように40代後半世代というのは、学歴社会で女性もバリバリ働いていた世代です。仕事ができる女性が増えたけれど、結婚して主婦になったら、「仕事も家事も育児もやってね!」という世代なので、女性の負担が大きいんです。

親世代が「家事はもちろんやりなさいよ」という世代なので、なかなか手抜きができません。

で、旦那さん側も「奥さんの手伝いをしなさい」なんて、教えられてないし・・・

 

旦那さんに理解してもらい、アフィリエイトで稼げるようになるには

在宅でアフィリエイトで稼げるようになるためには、どうしてもそれなりの作業時間の確保が課題になります。

在宅ワークに協力的ではない家族に、仕事をすることを理解してもらうためには、どうしたらいいんでしょう?

 

アフィリエイトという仕事のイメージが、あまりよくなかったりします

アフィリエイトって、知らない人には「怪しい職業」というイメージを持たれやすいです。ネットビジネスって「大丈夫?」って、私も最初思っていましたもん。

 

だから、旦那さんなんてなおさらじゃないですか?

「アフィリエイトするの?いいよ♪頑張って~」と応援してくれる旦那さんは少ないと思います。

実績を見せるまでは「パソコンで遊んでいる」と思われているかもしれませんね。

 

話し合いの場を持つ

家で作業をするということについて、旦那さんと話し合いをして理解してもらえるなら、早めに話し合いをしたらいいですよね。

作業時間とか、取り決めをすればいいと思います。

 

家族の目の前では作業しない

納得いかないかもしれませんが、家族のいる前でパソコンを開かないだけでも、そうとう風当りはソフトになります。

仕事で疲れて家に帰ってきたダンナさんにとっては、家は安らぎの場であり、そこでパソコンをカタカタさせている妻をみるといい気分はしないかも。

 

私の場合は、みんなが起きだす前にパソコンを開くようにしています。

が、最近主人の起きる時間がだんだん早くなってきて、ちょっと困っています。

メインの作業は、家族が出かけてしまってから。なので、子どもたちの長期休暇は作業が進まず、もやもやします。

 

家族がいるときには、パソコンがいらない作業を考える

例えば、
  • マニュアルを印刷しておいて、あき時間に読む
  • 新聞や雑誌を読んで、紹介したい商品を選ぶ
  • 新聞や雑誌から記事ネタを探す
  • スマホで、気になる言葉を検索する
  • 本を読む
など、パソコンを開かなくても、できる作業はあります。

パソコン開いたままネタをずーっと考えているだけのこともあるので、パソコン開いたらすぐ入力ができるように、準備をしていたらいいんですよね~。

家事をしながら、頭を切り替えて作業をするのはすごく難しいんですけどね。

 

作業部屋をつくる

「リビングで仕事をすると、家族の風当たりが強くなる」という話はよく聞きます。

リビングって、家族団らんの場ですもん。「みんながリラックスしているところで仕事するって何なの?」って感じになるのかもしれない。

 

仕事部屋を作ると、もめなくなったという話も聞きます。ただし、部屋に余裕があれば・・・の話ですけどね。

 

結局、はるにれはコソコソと作業しています。

「あとひと押ししたら売れる!」ところまで来たら、作業を辞めちゃったり、もったいないことばかりしてきました。

ノウハウばっかり貯めてきたので、そろそろ本気出してもいいかなぁ・・・

「せっかく在宅ワークするんだから、大きく稼ぎたい!」誰もがそう思います。

でも、家族あっての仕事なので、ちょうどいいバランスで作業していけたらいいなぁと思います。

 

 

 

【追伸】

このブログの感想や聞きたいこと、「ちょっとメールしてみよっかなー」でもなんでもいいですので、お気軽にお問合せください。

24時間以内にお返事させていただきます。

また、「こういうことを教えてほしい」などブログのネタも絶賛募集中です!

↓ ↓ ↓

はるにれにメールを送ってみる

6 Responses to “在宅ワークするには夫や家族の理解も必要”

  1. miiko より:

    こんにちは、miikoです。
    うちも、旦那さんは理解ある方なんですが
    昼間、家にいるとパソコンに集中できないし
    夜は、パソコン禁止令が出ちゃいました!
    ちなみに今日も雨で休み・・・です。

    • はるにれ より:

      miikoさん、コメントありがとうございます。
      せっかくの在宅ワークが
      ストレス貯めちゃだめですよねぇ。

      お互いうまいこと
      乗り切りましょう^^

  2. プラナ より:

    はるにれさん、こんにちは!

    私も最初は内緒でした、当然パソコンで遊んでるって
    思われていたようで(笑)
    収入が発生して振込されたときに話しました。
    確かに40代後半世代なので、女は家を守るもの!
    って言ってますがそれなりに自由にさせてもらってます。
    いつも感謝は忘れずに(*´∀`*)

    • はるにれ より:

      プラナさん、コメントありがとうございます。

      ちょうど私たちの世代がそうなのかもしれないですね。
      パートに出るのはOKだけど、
      仕事をしている姿を見たくないのかもしれないです。

      家族がいると、集中できないってのもありますね^^
      なので、時間をずらして、作業できればと思っています。

  3. 升田 より:

    厨房に入る九州男児、升田です。
    遊びに来ました(^^)

    アフィリ作業をする上で、家族の理解は最需要ですよね。
    皆どうしてるんだろ?って気になる話題だったので、一気に読んじゃいました。

    自分も妻に感謝しつつ気遣いつつ、作業頑張ろうと思います。

    • はるにれ より:

      升田さん
      コメントありがとうございます。

      升田さんは厨房に入る九州男児なのですね^^;
      きっと奥様も感謝していると思いますよ。

      毎日のご飯作りって、メニューが思いつかなかったら
      けっこう辛いんです
      でも、やらなきゃいけないことなので
      気合で頑張っているところです(笑)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

abatamini

はるにれです。中学生と高校生の2人の息子を持つ専業主婦です。ネットビジネスでお小遣いを稼いでいます。

詳しいプロフィールは==>こちら

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。

コチラをぽちっと押していただけたらやる気と勇気が湧いてきます!
     ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
にほんブログ村



みなさんのおかげで1位になりました。
ありがとうございます。



このページの先頭へ